Archives: 2011.2

このレシピを印刷する
2011.2.14

丸ごとブエノ切り方

cut1-700x700
用意するもの
1. ブエノチキン1羽
2. 小型ナイフ、フォーク

1

ニンニクがお腹の中からハイサ〜イ(^0^)

cut2

まずお腹からエイッ!と切るのがブエノ流♪

小型ナイフが切りやすいですが、

なければ普通の包丁や調理バサミでもOK!

真ん中に骨が あるので、骨に沿って切るのがポイントです。

 

お腹の上から下まで切れ込みを入れたら、左右にガバッと開きます。

コツは、躊躇せずに大胆に!

すると中には粗みじんにしたニンニクがたっぷり!!

ここで1回テンションを上げておくのがおすすめです(笑)

 

背中の真ん中にも骨が通っているので、

こちらも骨に沿って切り分け、身を左右に分けます。

2

関節からトリ分ける。

cut3

お次にみんな大好き!足の部分を切り分けます。

骨があるので切り肉い、いや、切りにくいので、

ムリに骨を切るのではなく関節の部分から切るのがおすすめです。

そろそろ、つまみ食いしたくなりますが、ちょっと我慢。

3

つまみ食いするならココ!

cut4

足を切り分けたら、足の根元の部分を切ります。

この、ももの部分は、特に柔らかくて最高に美味しい場所!

胸肉など、どうしてもパサパサしてしまう部位はありますが、

ココは間違いない柔らかさ!ブエノの旨味が凝縮されています!!

つまみ食いするならココにしましょう(笑)。

4

手羽もうまいっテバ♪

cut5

これまた大人気の部位、手羽を切りトリます。

足と同じく骨があるので、ムリに骨を切ろうとせずに

関節の部分から切るのがおすすめです。

「関節がどこか分からん!」と言う方は、

ひっぱると、なにかとちぎれます(笑)。

5

パサつく胸肉は他の料理用にしても◎

cut6

残った胸肉を食べやすい大きさに切ります。

胸肉は他よりパサつく部位なので

取っておいて他の料理に使うのもオススメです(^^)

cut7

切った部位からどんどんお皿にのっけていきます。

先にレタスやキャベツなど葉野菜を敷いておくと

彩りがきれいになりますよ♪♪

残り半羽も同じように切ってくださいね。

6

忘れないでねニンニク!

cut8

身をぜんぶ切り終えたら、あとに残るはニンニク&汁。

間違っても捨ててはいけません!!!

ここに、ブエノチキンの醍醐味がつまっています!!!

cut9

ニンニクはしっかりすくってチキンの上に。

粗みじん切りにしてるので食べ応えがあり、

しかも2時間かけて熱を通してるので臭みも抑えられ、

翌日のデートも会議も気にせずモリモリ食べられる!

ニンニクの常識をくつがえす旨味なのです!!!!

 

お客さまから「2才の我が子がパクパク食べる」

「子ども達がトリあいする」と言っていただくなど

お子さんにも大人気♪

cut10

ニンニクはチキンと混ぜずに別の料理用に取っておいても◎。

ブエコおすすめは、ほかほかのご飯と混ぜる&

素麺のめんつゆに入れる。旨味が増してたまりません!

7

忘れないでね汁!!

cut11

アルミに残った汁も、まんべんなくチキンにかけて。

この汁が、ジューシーさと旨味をさらに深めます(^^)

 

以上でカットOK!

あとは食べるだけ!!

切っている間に冷めてしまったら、少し温めてくださいね。

◎温め方は、こちらをご覧ください ↓

http://buenourasoe.com/2011/01/

それでは、ウサガミソ〜レ〜(召し上がれ)♪