ブエノチキンの
こだわり。

1982年の創業以来、チキン丸焼きしか 販売していないこの店で店長が守ってきたこと。

その1. 自然豊かな沖縄北部やんばる若鶏 その2. にんにく&お酢のダブルパワー その3. 旨味だけ残す2時間じっくりロースト


POINT01

こだわり その1.
しっかりした肉質が特徴 自然豊かな沖縄北部やんばる若鶏

沖縄北部のやんばるで育った「やんばる若鶏」だけを使用。
やんばる若鶏は県産特選素材で、柔らかくて肉質がしっかりしてるんですよ〜!
その日の朝〆なので、とても新鮮です。

*どうしても朝〆鶏が仕入れられない場合に限り、冷蔵を使用しています。


POINT02

こだわり その2.
にんにく&お酢のダブル元気パワー!!
オリジナルのタレで2日間つけおき。

つぶつぶがおいしい粗みじん切り

ブエノチキンの特徴はなんといっても「にんにく」。
粗みじんにしたにんにくがチキンの中にたっぷり入っています。
粒が大きめで食べごたえたっぷりのにんにくは「そのままご飯にかけて食べる」と言う
お客さまも!

店長コウエイが美味しさと食べごたえにこだわって手間をかけて粗みじんにしています。

さっぱりパワフル酢のチカラ

もう一つ、味の決めては「お酢」。
ブエノチキンはにんにくとお酢、オレガノなどを使った特製のタレに2日間漬け込んで
います。
お酢が多いことで味がしっかりしみ込み、さっぱりした味わいを生み出しています。
また、気になるにんにくの臭いもお口に残らないのがブエノチキンの特徴!
お酢の消臭効果だと思われますが、食べた直後も翌日も残らないので
会議やデートの前でも気になりません♡♡

●アレルギー成分を知りたい方はこちらをご参考ください。

ブエノチキン原材料
鶏肉(沖縄県産)、ニンニク、玉ねぎ、オレガノ
酢(アルコール、小麦、米、コーン、食塩、酒かす)、
醤油(食塩、脱脂加工大豆(遺伝子組み換えでない)、
小麦、大豆(遺伝子組み換えでない)


POINT03

こだわり その3.
2時間かけてじっくりロースト、
余分な脂を落としてジューシーな旨味だけ残します

ブエノチキンは2日間タレに漬け込んだあと、2時間かけてじっくりロースト。
何度もひっくり返し、てまひまかけて。電気のロースターなので余分な脂が落ちて
ジューシーでさっぱりした味わいに仕上げています。

ちなみに使用しているロースターは米軍の放出品。

もう40年以上も使っているのに、まだまだ現役!

60代の店長コウエイもロースターも働きものなんですよ〜!

 

◎おトリ寄せ(県外発送)の場合、焼き上がったチキンを真空パックし

冷蔵にてお送りします。

レンジや鍋で温めるだけで、美味しく召し上がれます♪♪

 

・温め方(蒸す)はこちら→http://buenourasoe.com/2011/01/

・丸焼きブエノチキンの切り方はこちら→ http://buenourasoe.com/2011/02/


放射能測定について

ブエノチキン浦添では、放射能を気にされる方のご参考になるよう、
定期的に放射能検査を実施しています。

2015年3月の検査ではセシウム134、セシウム137、ヨウ素131 が不検出となりました。(検出限界値1Bq/kg)

また、鶏肉は沖縄県産のやんばる若鶏を使用しています。

 

◎第二回測定:2015年3月15日 測定所:一般財団法人 沖縄県環境科学センター

セシウム134:不検出(検出限界値 0.5Bq/kg)
セシウム137:不検出(検出限界値 0.5Bq/kg)
ヨウ素131:不検出(検出限界値 0.5Bq/kg)
合計値:不検出(検出限界値 1Bq/kg)

◎第一回測定:2013年3月16日 測定所:石垣市民ラボ

セシウム134:不検出(<1.00)
セシウム137:不検出(<1.00)
測定日:130316 重量:406g 測定時間:44765秒(12.4時間)
備考:( )内の数値は検出限界値、測定値、誤差、検出限界の単位は Bq/kg

石垣市民ラボ 検査結果リンクはこちら