創業者一家

1982年コウエイ&サチコ2人で始めたお店も今ではスタッフ爆増!
70代の創業者もバリバリ焼きまくり中!
店長コウエイ(創業者)
70才を超えても現役バリバリ、毎日8時間ぶっ続けで焼きっぱなし!
創業から30年間は休みなしで働きましたが、
一人娘ブエコが跡継ぎに入り少しは楽に・・
と思いきやお店はさらに忙しくさらに馬車馬のように働く羽目に。
休める日はいつのことやら!?
番長サチコ(創業者)
店長コウエイと共にブエノを支える創業者サチコ。もちろん70才をすぎた現在も現場一筋!
チキンを切り分け続けて40年、一年に切り分けるチキンはおよそ1万羽・・・!
我が道を行きすぎる特殊な性格でスタッフ全員狼狽中!
2代目ブエコ(代表)
コウエイ&サチコの一人娘。広告代理店勤務後、30才で脱サラ、跡継ぎの道へ。
父母の手助けをするつもりで店に入ったはずが新しいことを始めては失敗し迷惑と心配をかけ続けているモラトリアム娘。
2016年に店舗を法人化し「世界のブエノチキン合同会社」設立、代表に。

ブエノを支える親戚パワー
仕込みチーム

ちょっと忙しくなったら親戚に声をかけて1人、2人、また1人・・・
いつの間にか、にーにーネーネー皆んなで働く賑やかな職場に。
のりみネーネー
(にんにく剥き、味付け担当)
年間使うにんにく2トンのほとんどを手作業で剥くにんにく女王のりみネーネー。
番長サチコの兄の妻。(不要情報)
みえこネーネー
(味付け担当)
チキンのお腹ににんにくを詰める作業を続けて10年、紐くくりのみえこ!
素早く正確な量を詰めていく作業はAIには変えられません!
番長サチコの弟の妻。(不要情報)
太郎しーじゃー
(味付け、焼き場担当)
仕込みから味付け、焼き場まで全てこなす太郎しーじゃー(先輩)。
数少ない男性メンバーの割にネーネー達に可愛がられるどころかこき使われて日々干からび中!
店長コウエイの姪っ子の夫。(不要情報)
ラーメンマンいっこちゃん
(味付け担当)
お客さんとして買いに来た時に「忙しかったら手伝うよー」と言ったばかりに本当に翌日から出勤することになった親戚のネーネーいっこちゃん。
手料理が得意でよく手作りのおやつを持参してくれる貴重な存在。
店長コウエイの従姉妹。(不要情報)

ヤングの力で未来を切り開く
通販チーム

レインボーかな
(通販担当)
ブエノチキンの近所に住み、誕生日や記念日は全てブエノというブエノ愛溢れるザ・浦添っ子。
今ではブエコの右腕として通販運営を切り盛りしている。
日々変化する髪の色とチキン野郎Tシャツで子供の授業参観に行く習性あり。
シャイニングスターやよい
(味付け、焼き場担当)
友人の紹介で飛び込んできたやよい、実家が近所にも関わらずブエノチキンを知らなかったというツワモノだが今や仕込みから味付け、焼き場全てをこなすパワープレイヤーに。
常に納豆とバナナを食べている。
コミュ担なお
(通販、コミュニケーション担当)
ファッション業界でスーパー接客店長としての腕を買われブエコのスカウトによりブエノチキン参戦!
お客さまとのメールやりトリなどコミュニケーション担当。
旦那さまはブエノチキンオリジナル曲も制作してくれた沖縄の人気サルサバンド「カチンバ」ギター担当!Bueno!
本業漫画家!多和田(梱包担当)
本業漫画家、副業ブエノチキンという異色の経歴。
ブエコの知人であり忙しすぎるブエノチキンを見かねて手伝いを申し出てくれ、そのまま抜けられず巻き込まれ中。
著書「実話・地名笑い!?話」絶賛販売中!

店舗情報

店舗名沖縄県産若鶏の丸焼き専門店 ブエノチキン浦添
お電話番号098-876-0452
所在地〒901-2121 沖縄県浦添市内間1-14-2
営業時間テイクアウト:AM11:00〜PM6:00(売り切れ次第終了)
イートイン:AM11:00-PM4:00(不定休)
定休日月曜、正月、お盆
駐車場1台
通販オンラインショップはこちら